軽い女と思われてない?男性からの印象を最大限良くする方法!

本記事では

「私って軽い女と思われてないかな?」
「どうすれば、真剣に相手に思ってもらえるかな?」
「やっぱ軽い女だと真剣になってくれないかな?」

こんな疑問に答えていきます。

好きな人がいる人、意中の男性を探している人、付き合っている男性がいる人などすべての女性に参考にしてもらいたいと思い執筆しました。

「軽い女」と不本意な印象を植え付けられてしまわないように、また、「軽い女」というイメージを取り去るためにもぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです。

この記事は3分程度で読めるので、気楽に読み始めてくださいね。

「軽い女」とはどんな人?

そもそも、軽い女とはどんな人のことなのでしょうか。

男性から見て、「この女性は軽そうだな」と思われてしまうポイントをまとめてみました。

  • ノリが軽く、ボディータッチが多い
  • 飲みの回数が多く、飲み方も派手
  • さびしがり屋で、押しに弱くて断れない
  • 露出の多い服、派手なメイクや髪色、ネイル
  • 男遊びに慣れていてチャラい
  • 下ネタにオープンすぎる

当てはまるかも…と思うポイントはありましたか?

男性目線だと、実際に軽い女かどうかという事実よりも、軽い女という印象を持ってしまった時点で恋愛対象外になってしまう可能性もあります。

そこで、これから

  • 初対面の男性
  • もともと知り合いの男性

の2つのシチュエーションに分けて、男性からの印象を良くする方法をお伝えしていきます!

初対面の男性に軽い女だと思われないためには

ファーストインプレッションで付き合うかどうか決めてしまう男性もいるくらい、初めましての印象は非常に重要な要素です。

職場や学校など自分のコミュニティー内での恋愛が苦手な方は、新しく出会った男性と恋愛をする機会が多いと思います。

「軽い女」ではなく、大切に扱ってもらえるような女性になるには初対面の段階で女性側が主導権を握る必要があります。

最近人気のマッチングアプリで初めて会う場合を例に出して考えていきましょう。

一昔前では出会い系と呼ばれていたツールですが、最近ではカジュアルなイメージに変わってきており、健全な出会い方の一つとして多くの男女に利用されています。

マッチングアプリで出会った人と結婚した、なんて例もちらほら出るくらいに真剣な出会いを求めている人も多いようですね。

マッチングアプリで一番緊張するのが、お互い初めましての状態であること。

メッセージのやり取りをしていても、いざ会うとなると初対面ですから、できるだけファーストインプレッションは好意的にしておきたいですね。

ここから本題に入りますが、

初アポイントで軽い女と思われないようにするにはどうすればいいのでしょう?

相手に興味を持ってもらうには、

「解散の時間指定」かつ「2時間以内」の条件で会うことをオススメしています!

明るいうちに集合・解散するとさらにいいですね!

これはどういうことか説明しますね。

例えばランチデートをする場合。

「13時〜15時までなら空いているのでランチいけますよ!」
と返信してあげると、次の予定が入っていることが相手に伝わるので長居する心配がなくなります。

夏休みの宿題と同じで締め切りの時間が迫っていると、より密な時間を過ごせる効果があります。

また、お昼のデートではお酒も入っていないので、会話の内容も比較的ライトなものが多く、上品な印象を持ってもらえます。

初対面の話題としては

  • 趣味、休日の過ごし方
  • 小中高の部活動
  • 好きな異性のタイプ、過去の恋愛
  • どんな仕事をしているか

こんなところでしょうか。

1回目のアポの目的は相手のことを知るところにあるので、お互いの話をして楽しく過ごせれば大成功です。

必ずお昼じゃないとダメなの?と疑問に思った方がいるかもしれません。

お忙しい方だと夜しか時間が取れないってこともあるかと思います。

もちろん夜でもアポイントは大丈夫です。

その際でも時間制限があることを男性に伝えてあげてください。

「翌日の仕事の準備があるので、22時まででよければご飯いきましょう^^」

理由はウソでも構わないので、とにかく時間になったら帰ることを意識してもらいましょう。

長く一緒にいた方が好きになってもらえるんじゃないの?と思うかもしれませんが、ダラダラ長居をするよりも、引き際がいい女性って驚くほどに男性の心に刺さるのです。

何時間も一緒にいるとどうしても話題がなくなってしまい、せっかく中盤頃盛り上がっていた記憶が、終盤のつまらない記憶に更新されてしまいます。

それに対して、一番盛り上がっているタイミングで女性が帰ってしまうと、男性は無性にその女性を意識してしまい、すぐに次のアプローチを仕掛けてきます。

その場や解散後のメッセージで、次のデートの打診と日程調整まで進めてくれば、女性のことが気になって仕方ない証ですね。

アプリ経由の出会いは共通の知り合いがいない以上、一期一会という言葉を履き違えて誠実さを欠いてしまう男性が多いのが現状です。

男性が抱える大きな矛盾が、
「ワンナイトラブのために軽い女を求めているが、彼女にする女性は身持ちの固い子を選ぶ」ところにあります。

もし初対面で大人の関係まで達した場合、男性は軽い女とヤレてラッキー!としか考えず、その後の真剣な恋愛に結びつきにくくなってしまうでしょう。

女性が主導権を握る展開になれば、男性は自然と追ってきてくれます。

体の関係を持つタイミングも必ずお付き合いしてからにしましょう。

もともと知り合いの男性から軽い女と思われないためには

同じコミュニティーに属しているとみんなで飲み会をしていたり、ある程度お互いのことを知っている状態だと思います。

意中の男性がいる飲み会では、次の2点を意識するといいでしょう。

① お酒を飲みすぎない
② 過度の下ネタは避ける

順番に説明していきます。

① お酒を飲みすぎない

どんなにお酒が好きだったとしても、男性がいる飲み会ではほろ酔い程度にとどめておきましょう。

理由を男性目線で考えてみます。

飲み会に行くと潰れるぐらいにお酒を飲む女性の場合、もし付き合ったら、飲み会の度に彼女が他の男に持ち帰られないか心配で仕方ありません。

酔っている女性を狙っている男性なんてこの世に腐るほどいますし、そのリスクを理解せずに泥酔している女性は軽い女のレッテルを貼られてしまいます。

ある程度の節度を持った飲み方ができる女性の方が、男性から大切にされる確率が上がります。

② 過度の下ネタは避ける

男女の飲み会では、エッチな話題が飛び交って大盛り上がりする時間が必ずと言っていいほど訪れます。

あなたが自分のエピソード話して楽しい時間を過ごしたい気持ちもとてもわかるのですが、なるべく控えておいた方が無難です。

下ネタは過去の自分の経験を基にした話が圧倒的に多く、過去の彼氏とのエッチを暴露して笑いを取っている現場を男性が見てしまうと、

「この子とつきあって関係を持ったら、こんな風にみんなに知られちゃうんだ…」とネガティブな印象を持たれてしまう危険性があります。

過激な話題は女子同士で集まった時だけにしましょう。

また、男性の前で下ネタを積極的に披露すると、性に奔放な女性であると印象づいてしまうかもしれません。

ノリが良すぎる子は重宝されますが、彼女候補になるかと言われれば難しいと答える人が多いかと思います。

下ネタにオープンすぎると、ワンナイトラブの対象になってしまうリスクもあります。

また、ボディータッチもなるべくは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

軽い女にならないためには、

・初対面の男性→「解散の時間指定」かつ「2時間以内」のアポイントで男性が追いかける構図を作る

・顔見知りの男性→飲み会の席で、泥酔と下ネタはなるべく避ける

これさえ意識していれば、マイナスの印象を持たれることはまずありません。

加えて、より男性から大切にされるには、普段から誠実であることを心がけましょう。

類は友を呼ぶ、ということわざがあるようにだらしない人の周りにはだらしない人が集まります。

「どうしてこんなショボい男からしか口説かれないんだろう…?」

と悩んだことはありませんか?

男性に多くを求める前に、まずは自分から変わることをオススメします。

実は、相手を変えるのって実はすごく難しいことなのです。

30年間朝食はご飯と味噌汁、焼き魚のご飯派の男性に、翌朝からパン派になってもらうのは不可能に近いでしょう。

それならあなたが合わせに行った方が簡単です。

素敵な男性とお付き合いしたいなら、素敵な女性になればいいんです。

小手先のテクニックなんてすぐに相手にバレてしまいます。

今すぐ「軽い女」を卒業して、素敵な恋愛を楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です